ママ友カーストと、山のようなドロドロトラブルを描いた小説本を集めました!

ママ友カースト制度、ママ友のトラブルなど毎日のどろどろした日常が描かれている小説を集めました!

貴方の好みはどんなドロドロレベルでしょうか?

 高級タワーマンションに暮らす岩見有紗は窒息寸前だ。ままならぬ子育て、しがらみに満ちたママ友たちとの付き合い、海外出張中の夫・俊平からの離婚申し出、そして誰にも明かせない彼女自身の過去。軋んでいく人間関係を通じて、徐々に明らかとなるそれぞれの秘密。華やかな幸せの裏側に潜む悪意と空虚を暴き出す。人気女性誌「VERY」連載時から話題沸騰の衝撃作!
  実際に起こった「文京区幼女殺人事件」をモチーフに、仲のよかった5人の母親たちの関係が「お受験」をめぐって壊れていく過程が、じっくりと濃密に描かれた長編小説
 ベビーカーの大きさ、キャリアかお受験か、分譲か賃貸か。
“ママカースト”の新機軸!

どうして女はいがみ合うのか――。

かつて既婚女性の悩みは「嫁姑戦争」であった。
しかし、核家族化が進んだ現在では、既婚女性の悩みの種は「姑」から「ママ友」へと変わっている。
「ママカースト」という言葉が生まれるぐらい、ママ同士はお互いを格付けし、序列化する。

  同じ保育園に子どもを預ける作家のユカ、モデルの五月、専業主婦の涼子。先の見えない育児に疲れ切り、冷めてゆく一方の夫との関係に焦燥感を抱いた母親たちは、それぞれに追い詰められてゆくが……。子どもへの愛情と憎しみに引き裂かれる自我。身も心も蝕む疲労、そして将来への深い不安――。不倫、虐待、流産などのタブーにあえて切り込む
 何かとややこしい、女どうしの人間関係をスッキリ解決します!

すぐ張り合ってくる友達、ライバル心むき出しの同僚、
都合よく裏切る友達……。そんな相手に対して、つい、考えすぎる、
感情を抑えてしまう、怒りを溜め込む……。
あなたはそんなふうに、必要以上に気を遣いすぎていませんか<? br>
本書では、自分の感情を大切にする“自分中心”という視点から、
女性どうしに起こりがちな人間関係の悩みの解決方法を紹介。

本当は同じ悩みを持ち、ともに子育ての世界を生きる、頼れる仲間のはずが……。子どもが間に入ることでもつれてしまう、ママ友の世界。
●よかれと思ってやったことが勘違いだった
●ママ友カーストのワナ
●話しかけづらいママとの話し方
●距離が近すぎるのも困りもの…
●お受験が地雷の元に
●どこまで深入りしてもいいの…?
……など、悩みも人それぞれ。

 

 

あなたはどんなドロドロ小説がお好みですか?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました