ママ友カースト!いじめの実態と、いらないママ友への具体的な仕返し方法4選。

「ママ友ってめんどくさい!」

子供が親なら、めんどくさくてもどうしてもママ友との付き合いは避けることができません。
相性が合うママ友だけならいいのですが、めんどくさいママ友も中には存在します。

それだけでも面倒なのに、ママ友コミュニティの中でいじめや無視を行う悪質なボスママまでいる始末。
こんな悪質なママ友、本当にいらないですよね。

しかしながら、自ら反発してもママ友コミュニティの中で浮いてしまったり、我が子にまで影響が及び村八分にされるかも・・・
大丈夫です。

この記事では、典型的ないじめを行ういらないママ友のパターンを簡単に確認した後、適切な仕返し方法5つをご紹介します。
自分の感情を優先していじめを行うボスママは、全てのママ友にとっていらない存在。
悪質なボスママには論理的に手を汚さず対処し、確実に失脚頂きましょう。

典型的なママ友間でのいじめのパターン。嫉妬から来る無視が多い?

ママ友が行ういじめは大きく3つに分類されます。
 

無視


ある日突然仲の良いママ友グループから無視されるパターンです。
何か迷惑かけたか、嫌な思いをさせてしまったのかと聞いても「さぁ?」と苦笑いされる始末。
このようなケースは大抵1人のリーダーママ・ボスママが原因で、特定のママを無視するようにママ友グループに促しているケースが多いです。
酷い場合、幼稚園や小学校の後に、子供同士を遊ばせる集まりからも外されてしまうなど、子供にまで影響が及ぶ場合もあります。
 

陰口をたたかれたり、ウワサ話を流す

「気取ってるよね」
「お金持ちなのは、夜のバイトでもしてるからじゃないの?」
 
一度悪質なボスママに嫌われると、このように陰口を叩かれたり悪い噂を流されることがあります。
その結果、ママ友カースト上位のボスママの作る空気感に従い、
今まで仲良くしていたママ友も距離を置き出すので、孤立してしまいます。

直接な嫌がらせ

よくあるのが、気に食わないママ友をグループLINEから外すという嫌がらせ。
ママ友カースト上
位のママがこれをやると、周囲は察してあなたから距離を置き出します。


こういうことをやるボスママは大抵
「間違えて退会させちゃったの」といいつつ、
絶対に再度追加をする提案をしたりはしないようです。


これらに共通しているのは全て非常に陰湿だということです。
陰湿で、人間関係を絡めてくるパターンが全てです。
 
『こんなことに時間をかける底辺は放っておけばいいよ』
『いつまでも精神的に未熟な人間っているんだね・・・しょうもないな』
『対処するのもめんどくさい。気にしたら負け!放っておけばいいよ!』

相談するとこんなことを言う人も多いですが、
放置していてはこちらの精神がすり減るだけ。
なんの解決にもなっていません。
 
そこで気に食わない悪質ないらないママ友に仕返しをして排除する方法をご紹介します。

いらないママ友への絶対バレない仕返し方法 4選。

直接的に仕返しをするのは難しい、
同じようにマウントをとってママ友を排除するのは、
相手の方がママ友カーストが上なので不可能(その上自分も周囲から嫌われるリスクあり)
ではどうするか。
いらないママ友が「勝手に」失脚するように仕向ければ良いのです。
同じ土俵で戦ってはいけません。
具体的な方法は以下のとおりです。
  1. 興信所を付け、いらないママ友の悪行を特定し、ママ友旦那に匿名で郵送する(不倫の情報があればそれがBest)
  2. 上記の内容を、ママ友の夫の会社に匿名で郵送する。(そのママ友が文句を言ってきたら、素知らぬふりして新たな手紙を郵送し続ける)
  3. ママ友の持ち物に、しれっと味噌を溶いたスプレーをこっそりかける(ママ友は「くさい」と思われるので、次第に距離を置かれ始める)
  4. ママ友の夫がいる時間帯に含みを持たせた電話をかけたり(「いつも個人的にお世話になっている○○です」)、家の前をウロウロする。

 

回数が多いと違法行為になる可能性が出てきますが、週に2〜3回くらいであれば法的な責任を問われることはありません。
電話はつながったら何度もかけ直します。
ママ友の夫が出たら
「信用してあげてください!ママ友は絶対不倫なんてしてないですよ!」
などと疑念を持つことを言いましょう。
 
 
 
 
名誉毀損にはならないのか?
名誉毀損は「公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者」なので、公然と摘示していない以上、当てはまらないと考えられます。(実際に無罪になった判例があります)
しかしながらもし犯罪であれば当サイトでは決してお勧めしませんので、気になる方は弁護士に相談の上実行してください。
 
 
≫【無料】ママ友とのトラブルを占いで解決
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました